花粉症の薬を飲んでもいいですか? ~妊娠初期の場合~

続きです。

今回は妊娠判定が+の方(妊娠初期)

の花粉症の薬についてです。

 

妊活中の方でまだ妊娠判定が+で出ていない方は

下記の記事を参照ください。

 

花粉症の薬を飲んでもいいですか? ~妊活中の場合~

 

*元々の前提のお話しにはなりますが

自然妊娠、薬物を服用していない健常な妊婦さんでも

胎児奇形の発生率が約1~3%あることはご了承ください。

 

妊娠判定が+で出始める

妊娠4~7週は器官形成期といわれ

薬剤による影響がでる可能性のある時期です。

 

できるだけ胎児の影響を避けたいのですが

基本的な考え方として

・内服よりは点鼻・点眼を

・新薬よりは妊婦さんへの使用経験が豊富な古典的な薬を

選択するようにしています。

 

安全度の高い

花粉症の抗アレルギー薬を

ご紹介させていただきます。

 

・内服薬

①ポララミン(第1世代)

古い薬で有り、

妊婦さんに投与して問題なかったとする疫学調査も

複数あります。

 

欠点として眠気と口の渇きなどの副作用が起こることがあります。

 

②クラリチンないしジルテック(第2世代)

ポララミンよりは新しい薬であり

眠気や口の渇きなどはおきにくいです。

内服回数も1日1回です。

海外における第一選択肢です。

 

・点鼻薬、点眼薬においては

そもそも血中濃度が検出限界以下ないし

内服薬と比べて著しく低いため

安全性は高いです。

 

ザジデンは歴史もあるため

点鼻、点眼使いやすいです。

 

ただ妊娠中の薬の内服に関しては

患者様、医師に様々な意見があることは

承知しております。

 

当院に通院中でない患者様につきましては

主治医の医師にご相談していただくよう

お願いいたします。

 

当院通院中の患者様は

私が対応できますので

いつでもご質問ください。

 

院長 菊池 卓

 

—–