静岡市の不妊治療の助成金~保険後の変化、県の他の地域も~

 

保険適応後の変更点

令和4年(2022年)4月1日より不妊治療が保険適用になりました。

保険適用に伴い、基本的には不妊治療の助成制度が終了になったのですが

条件を満たす方は1回のみ利用可能です。

また、富士市などは独自の助成制度を継続しております。

これらについてご説明します。

 

※当院に主に通院されている患者様の地域のみ記載しております。

※制度は急に変わる可能性もあります。

※当院に通院中の患者様以外の責任は負えませんので、助成金の申請を考えている方は主治医及びお住まいの自治体にご相談ください。

 

最初に大事なことを2つお伝えします。

助成金はお住まいの自治体で変わります。

地域格差もかなりあります

不妊治療の助成金は静岡県と市の両方から貰えます。

※静岡市と浜松市は政令指定都市のため、県は無く市のみです。

藤枝市、焼津市などの政令指定都市以外の方は、県と市の両方から助成金が貰えます。

 

助成金が基本的に終了した自治体

最初に基本的に助成制度を終了。

1回のみ申請可能な自治体です。

静岡市

下記は静岡市のHPの抜粋です。詳細な条件はこちら

 

 

申請条件は2つに分かれます。

①去年の3月31日までに採卵をしたが、まだ移植を1回もしていない

②去年の3月31日までに凍結が終了した胚の自費での再度の移植

 

①は採卵後まだ1回も移植していない患者様です。

採卵→移植は一連の流れの為、移植のみ保険はできません。

自費になるため、助成金が申請できます。

30万円助成。

 

②は採卵は終了しており、移植のみの患者様です。

保険にするか助成金を申請しての自費にするか

最初の1回だけ選べます。

10万円助成。

どちらが良いかは下記の記事も参照ください。

第2子に向けての凍結胚移植~保険 vs 助成金での自費~

 

①、②共通ですが、4月1日以降の新たな採卵には助成金は申請できません。

その他の条件、助成金額などはこちらの静岡市のPDFをご参照ください。

また、助成金は申請期限がありますので、ご注意ください。

 

他の市町村

※藤枝市などの政令指定都市以外の方は、県と市の両方から助成金が貰えます。

自治体名をクリックすると、市のHPに飛びます。

静岡県不妊治療助成金

浜松市不妊治療助成金

焼津市不妊治療助成金

藤枝市不妊治療助成金

島田市不妊治療助成金

磐田市不妊治療助成金

袋井市不妊治療助成金

 

島田市や藤枝市などは県の助成金に加えて

さらに残った費用の7割を助成してくれましたが

助成金が終了となってしまい、残念です。

 

市独自の助成金を継続

富士市

 

 

富士市はタイミング、人工授精、体外受精、不育症のどれでも良く、かつ自費でも保険でも全て対象という手厚い自治体です。

 

他の市町村

富士市不妊治療助成金

富士宮市不妊治療助成金

沼津市不妊治療助成金

三島市不妊治療助成金

 

静岡県東部の自治体は継続している印象です。

さらに保険と自費を問わないところも多く

県東部にお住まいの方は恵まれていると思います。

 

以上となりますが、今後も情報に変化があり次第upしていきます。

また当院では助成金の申請に手数料をいただいておりません。

自治体ごとに違う申請期限に間に合うよう、すぐに申請していただくようお願いいたします。

 

保険での体外受精の費用について

残念ながら自費での体外受精がうまくいかなかった方も、次回は保険適応での体外受精が可能です。

下記記事もご覧ください

体外受精の保険適応のスケジュール、費用、先進医療について

以上になりますが

保険適応での体外受精はなかなかわかりにくいことも多いかと思います。

当院では無料説明会を毎月第2土曜日の17:00~行っております。

8月13日の体外受精説明会(保険での費用、スケジュールについて)

 

どなたでも参加可能ですので

お気軽に菊池レディースクリニック054-272-4124にお問い合わせください。

(定休日:火の午後、木、日)

webのご予約はこちら

メールでも可能です。

こちらにメールをください。

 

皆様のご予約をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

 

院長 菊池 卓