保険で採卵をされる患者様は、まず限度額適用認定証の手続を

 

保険の場合では

治療費が高額な場合の月額上限制度(高額療養費制度)が利用できます。

制度の利用方法を説明します。

 

※わかりやすさ大前提で書いています。

制度の細かい部分や疑問点は

保険証に書いてある保険者名称のところにお問い合わせください。

 

加入者の多い全国健康保険協会(協会けんぽ)加入者を例として書きます。

まず保険で採卵をされる患者様は、限度額適用認定証の手続きをしましょう。

郵送でできます。

 

こちらのリンクから申請書をダウンロードします。

クリニックに記入用紙も置いてあります。

用紙の書き方の見本も用意しました。

保険初回の診察を終えたら

できるだけ早く申請用紙の記入をして、郵便ポストに投函しましょう。

 

 

1週間ほどで『認定額適用認定証』が届きます。

受診の際は保険証と併せて提示ください。

ご自身の収入に応じた窓口負担のみになります。

 

※協会けんぽは中小企業で勤務されている方が主に属しております。

 

・自営の方で国民健康保険の方は

『高額療養費認定証 お住まいの市町村』で検索を

・中小企業以外にお勤めの方(教員、自衛官、大企業など)は

勤務先のご担当の方にお問い合わせください。

 

自己負担額の詳細はこちらですが

よく質問されることを下記にまとめました。

 

①所得は夫婦で合算なのか?

→共働きで保険証が別の場合、別々にカウント。合算ではない。

→専業主婦ないし扶養内の場合、夫の所得を参照。

 

②専業主婦ですが収入0円ということで、1番低い区分に当てはまるのか?

→当てはまらない。

被保険者(夫)の収入を基に高額療養費を算出。

 

③治療が月をまたいだ時はどうなる?

→月をまたぐと2か月分でカウントされる。

 

④標準報酬月額の標準って何?

→基本給+住宅手当+通勤手当+残業手当など。ボーナスは除く。

限度額提要認定証の手続をすれば、区分は健康保険側で決めてくれます。

 

⑤先進医療(自費)も対象になりますか?

ならない。

当院だとタイムラプスとSEETの費用は対象外です。

 

⑥移植のみをする場合は申請したほうが良い?

→移植の保険の費用(先進のSEET法除く)は

・自然周期で4~5万

・ホルモン補充で5~6万

程度かと想定しております。

被保険者の収入に応じて、ご判断ください。

 

最後になりますが、大事なことなのでもう1度

まず保険で採卵をされる患者様は、限度額適用認定証の手続きをしましょう。

郵送でできることが多いです。

『保険初回』の診察の後には必ず行いましょう。

 

院長 菊池 卓