ファーストフードはどれくらい妊娠に良くないのか?

患者様より

『自分自身で何かできることはありませんか』

と尋ねられることがあります。

その時に

・魚介類の摂取

・できるだけ精製していない穀物をとること

ファーストフードを減らすこと

をお伝えしています。

 

下記の論文は

ファーストフードと不妊期間の

関係についての論文です。

 

 

多施設の5628人が対象です。

妊娠14~16週の妊婦健診の時に

・妊娠成立までの時間と

・食事について

アンケートを行ってまとめたものです。

 

ファーストフードを食べる回数を減らすほど

妊娠するまでの時間が短くなっていました。

・週に4回以上 ここを基準

・週に2-3回  11%短縮

・週に1回    21%短縮

・食べない   24%短縮

 

ファーストフードは妊娠に良くないです。

 

他にも妊娠によさそなうな候補として

果物、魚介類、緑色の野菜についても検討をしており

果物を食べる回数が減ると

妊娠するまでの時間が長くなっていました。

 

・1日に3回以上 ここを基準

・1日に1-2回  6%延長

・週に1-6回  11%延長

・月に2-3回  19%延長

 

果物は妊娠に良かったです。

 

魚介類、緑色の野菜は

有意な差はありませんでした。

 

この理由について筆者らは

・ファーストフードは

砂糖、飽和脂肪、塩分が過多であるため

それが卵巣細胞に毒性とアポトーシスを

誘発させている可能性

 

・果物については

含まれている抗酸化物質が良い影響を

与えている可能性

 

・緑色の野菜、魚介類については

今回は有意差が出なかったものの

良いとする報告は多数認めており

否定するものではないとしています。

 

ファーストフードは

『お手軽』『安い』『美味しい』

が揃ったもので

正直私も大好きです。

大学生時代は一時期毎朝食べていました。

 

ただやはり体重増加に伴う

健康へのダメージがひどく

現在はできるだけ食べないようにしております。

 

不妊期間を減らすために

できるだけ食べるのを減らしましょう。

 

 

院長 菊池 卓

 

—–