胚移植後の妊娠判定は何を見ているの?~4週0日(BT9)として~

胚移植後に採血で

血中のhCGを測定して

妊娠判定をしています。

 

以前記事にもしました。

 

妊娠判定日のおめでとうについて

 

hCGは妊娠すると

増えてくるホルモンで

市販の妊娠判定キットは

このhCGを見ています。

 

尿は濃い、薄いがあり

正確性に欠けるので

採血で行っています。

 

現在当院では

主に妊娠4週0日に行っていますが

その時のhCGの値で

・妊娠が継続するかどうか

・子宮外妊娠にならないか

(子宮外妊娠はhCGが低く出やすいです)

をある程度予測することができます

 

*排卵日ないし黄体ホルモン投与日を

2週0日とします。

分娩予定日は

40週0日です。

 

今回ご紹介する論文は

妊娠4週0日のhCGの値と

妊娠予後について検討されたものです。

 

 

図1は妊娠判定日のhCGの値を

20mIU/mLごとに区切り

子宮内に赤ちゃんの袋が

見える確率を出しております。

 

 

図2は胎児心拍が

見える確率です。

基本的にはhCGが100mIU/mLを

超えているとほぼ胎児心拍が確認できるため

『おめでとうございます』

と伝えていますが

100mIU/mL未満でも

無事お子さんを出産されている方は

沢山いますし

1桁でも無事ご出産された方も

経験しております。

 

この論文からは

20程度でも

・赤ちゃんの袋は3割は見え

・胎児心拍も2割は

確認できることがわかります。

 

最初が低くても

その後順調に増えてきてくれ

子宮内に赤ちゃんの袋や心拍が

見えてきてくれれば

問題有りません。

 

次は同じhCGの値でも

年齢により継続率が違うとする

論文をご紹介します。

 

妊娠判定日後の継続率は年齢とβ-hCGの値で変わります。

 

 

院長 菊池 卓

 

 

 

—–