妊娠判定日後の継続率は年齢とhCGの値で変わります。

 

続きです。前回の記事は下記を

胚移植後の妊娠判定は何を見ているの?~4週0日(BT9)として~

 

こちらの論文は

加藤レディースクリニック様の論文です。

年齢別にhCGの値での継続率の差を

出しております。

 

 

判定日を妊娠3週5日に

しておりますので

前回の記事よりも

全体的に数字が低めです。

 

余談になりますが

hCGが増える場合は

48時間毎に倍増

減る場合は

30~36時間毎に半減

します。

 

判定日の決め方も

あくまで私の印象ですが

自然周期クリニックは

3週5日

刺激クリニックは

4週0日

にすることが多い印象です。

 

胚盤胞移植は2週5日に行うため

3週5日を判定日にすると

同じ曜日になるため

患者様の都合が良くなることも

多いのですが

微妙な判定で悩むことも多いので

当院では4週0日としています。

 

本題に入ります。

年齢を

・A 21~34歳

・B 35~39歳

・C  40~44歳

の3群に分けて

hCGごとの妊娠予後を

表しております。

 

①こちらは

赤ちゃんの袋が見える確率です。

⋆臨床妊娠率といいます。

 

基本的にhCGの値が高いほど良いです。

 

3週5日で50mIU/mlを超えると

全年齢で90%以上の確率で

赤ちゃんの袋が見える「臨床妊娠」になります。

 

 

②こちらは

生児を分娩する確率です。

 

 

こちらもhCGの値が高いほど良いです。

 

50~59.9mIU/mlですと

21~34歳で84.8%

35~39歳で75.7%

40~44歳で58.1%の確率で

生児を分娩されています。

 

①、②共に

年齢の影響を受けますが

特に②の生児分娩率は

強い影響を受けます。

 

どうしても年齢が上がるにつれ

流産率が高くなるため

その分出産する確率は

低くなってしますと考えて下さい。

 

次は判定日の

hCGが低い場合についての

対応をご説明します。

 

妊娠判定日のhCGが低いときは再判定を行います。

 

 

院長 菊池 卓

 

—–