エストラーナテープのかぶれ対策。剝がれ対策も。

 

エストラーナテープは貼り薬タイプのホルモン剤です。

成分は皮膚から吸収され、全身に作用します。

移植周期(時に採卵周期でも)によく使用しますが

テープかぶれに悩まされます。

 

特にホルモン補充周期の胚移植では

投与期間が1~2ヶ月になるため

『テープがつらいのですが、いつ終わりますか?』と患者様によく聞かれます。

 

テープかぶれを予防し、薬の吸収を良くするための工夫です。

5つあります。

※画像はピュアバリア販売元のGRANMATE社より提供

 

まず前提となるテープを貼る位置ですが

下腹部か臀部(お尻)です。

※胸部や背部(背中)に貼ってはいけません。

 

 

①テープを開始する1週間程前から肌の保湿を開始。

 

特に冬は乾燥して肌荒れがひどくなります。

肌荒れがひどいと薬の吸収が悪くなり、かぶれが起きやすくなります。

しっかりと保湿しましょう。

 

保湿剤は市販のもので構いませんが

私のお勧めは『NIVEA スキンミルク さっぱり』です。

少なくとも1日2回(起床時、入浴後)は塗布しましょう。

しっかりと保湿できればどれでもいいのですが

軟膏タイプのべとっとしたものは

テープが張りにくくなりますので避けましょう。

 

②テープを張る前に貼る予定の場所にピュアバリアを塗布。

 

 

※画像はGRANMATE社より提供

 

かぶれが起きる原因ですが

テープをはがすときに皮膚の一部がはがれて損傷するためです。

ピュアバリアで皮膚の上に膜を作り、その上にテープを貼ることで皮膚の損傷を防ぎます。

※薬効成分はしっかり浸透しますので安心してください。

※広めに塗ってください。(剥がれを防ぐテープも貼るため)

※30~40秒で乾いて皮膜ができるので、その後にテープを貼ってください。

ピュアバリアは当院でも購入できますし、通販でも購入できます。

 

③はがし方とその後の保湿

テープは2日に1回張り替えます。

お風呂のタイミングです。

 

※画像はGRANMATE社より提供

 

はがした後は肌に優しい洗剤で優しく手洗いしてください。

ゴシゴシこするのはかぶれの元ですので厳禁です。

 

汗がしっかりひいてから新しいテープは違う場所に貼ります。

はがした場所は別な日にまたテープを貼りますので

しっかりと保湿をしておいてください。

 

④ステロイド製剤の塗布

それでもかぶれる患者様にはステロイド製剤で対応します。

当院で処方可能ですが、あまりひどい場合は皮膚科にご相談ください。

 

⑤内服及びジェル製剤などに変更

①~④の対策を行ってもどうしてもかぶれてしまう場合は

最終的には内服+ジェル製剤に変更します。

注射を併用する場合もあります。

 

 

ジェル製剤も種類があるのですが

当院ではル・エストロジェルを採用しています。

サラッとしており、1日1回寝る前に使用します。

 

その他に患者様からよく聞かれる質問として

剥がれた場合はどうするのか?

少しくらいは大丈夫ですが、半分剥がれたら新しいものに交換してください。

当院では自費の患者様には剥がれ防止のフィルムを無料でお渡ししております。

下記のようにエストラーナテープの枚数分を切りまして渡しております。

 

エストラーナテープの上に貼るのですが、貼り方にコツがあります。

フィルムの販売元の公式youtubeを参照ください。

リンクはこちら

 

 

湯船に入ってもいいか?温泉やプールも大丈夫ですか?

剝がれなければ大丈夫です。

 

以上になります。

今後もより良いテープの貼り方を研究していきます。

 

院長 菊池 卓