不妊症の検査はいつから?どんな検査をするの?

  

子どもが欲しいけれど、なかなか妊娠しない。

だけど、不妊の検査はできればしたくないと

悩んでいる方は多いと思います。

 

どれくらい不妊期間があったら検査をするかですが

日本産科婦人科学会では「1年間」としております。

 

これは妊娠を希望している夫婦であれば、1年以内に90%近くが妊娠するためです。

*以前は2年間でしたが、平成27年より1年間に短縮しています。

 

しかし、特に女性の加齢と共に妊娠率が低くなります。

 

そのため、アメリカ生殖医学会では加えて

「35歳以上の方では6ヶ月の不妊期間があれば検査を勧める」としています。

 

他にも子宮内膜症がある方は、できるだけはやくの検査が望ましいです。

 

不妊症の原因ですが、頻度の高い3大原因をまず検査しましょう。

*1年以内に同様の検査をされた方は省けます。

 

 

①卵管障害

→卵管が詰まっているかどうかをみます。

子宮卵管造影検査でわかります。

詳しくは、こちらをご参照ください。

 

②排卵障害

→PCOSや高PRL血症、早発卵巣不全、ストレスや過度のダイエットなどで生じます。

採血や超音波でわかります。

詳しくは、こちらを参照ください。

 

③精液検査

→その名の通り精液検査を行います。

詳しくは、こちらを参照ください。

 

いずれも保険適応があり、治療法があるものです。

検査を行う時期につきましてはこちらを参照ください。

 

さらに当院では追加で

④スクリーニング検査(自費21,780円)+子宮がん検診

→抗精子抗体や甲状腺などを調べます。

詳しくはこちらを参照ください

を行います。

 

私は1日でも早く、皆様に妊娠していただきたいです。

『また、生理が来てしまった』そんな悲しい思いはできるだけ少ない方がいいに決まってます。

 

なかなか妊娠しない原因を特定し、しっかりと治療しましょう。

*しっかり検査をしても、原因が見つからない場合はこちらを参照ください。

 

院長 菊池 卓