卵管の検査にも種類がある?

卵管が詰まっていると妊娠できません。

妊娠できるかどうか判断するためには

卵管のつまり具合を検査する必要があります。

 

結論からいいますと3つの方法がありますが

②の子宮卵管造影検査をお勧めします。

 

 

①通水検査(超音波下卵管通水検査)

→子宮の中にカテーテルをいれて生理食塩水を注入します。

 

判定方法

・注入するときの抵抗感

・超音波でおなかに生理食塩水が貯まるのを見ます。

 

メリット:コストが安い。甲状腺異常や造影剤アレルギーでもできる。

 

デメリット:評価が難しい。片方が詰まっていてもおなかに生理食塩水は貯まる。

生理食塩水が卵管を流れている様子は超音波ではわかりません。

注入の抵抗感は、感覚という曖昧なもので評価することになる。

 

卵管がの通りはとても大事なものです。

 

私は『両側の卵管と子宮を患者さんの目に見える形で評価したい』ので

通水検査(超音波下卵管通水検査)は行いません。

造影剤アレルギーのかたも後述する

③の子宮鏡下選択卵管通水検査をお勧めします。

 

②子宮卵管造影検査(HSG)

→子宮の中にカテーテルをいれて造影剤(レントゲンで白く写る)を注入し、レントゲンで撮影します。

 

判定方法:レントゲンに白く染まった子宮と両側の卵管が写ります。

 

 

メリット:子宮、卵管の全体の状態が患者様に目にみえる形でわかる。

保険適応である。

治療にもなる。(検査後6ヶ月は妊娠率が上昇します)

 

デメリット:造影剤アレルギー、甲状腺機能異常のあるかたはできない。

 *放射線被曝は、ごく少量かつごく短時間ですので問題ありません。

どうしても気になる方は、下記の③子宮鏡下選択卵管通水検査を勧めます。

 

③子宮鏡下選択卵管通水検査

→子宮鏡下に卵管口に直接管をいれて、生理食塩水(わかりやすくするためにインジゴという青い液体を混ぜまず)を注入します。

メリット:子宮鏡で子宮の中も直接見える。

造影剤アレルギー、甲状腺機能異常のあるかたもできる。

 

デメリット:自費のため高価。

卵管の全体像が目で見えない。(卵管遠位(遠いところ)の評価はHSGのほうが良いです)

卵管口は非常に小さいため技術が必要。

 

当院での検査方針ですが、まずはクラミジアと甲状腺機能の確認をします。

問題なければ

まずは保険適応である子宮卵管造影(HSG)を行います。

②HSGで異常があれば子宮鏡下選択的卵管通水検査を行います。

 

①、②で異常があるようならば卵巣予備能、ご年齢に応じて治療方針を相談していきます。

 

院長 菊池 卓

 

 

 

—–