ルトラールとデュファストンの違いは?~ホルモン補充での使い分け方~

 

前回胚移植の黄体ホルモンの補充には注射と内服薬の併用が良いとお伝えしました。

詳細はこちら

 

今回は当院の胚移植の黄体補充における内服薬の使い方をご紹介します。

 

黄体ホルモンの内服薬は多くの種類があるのですが

当院では

・ルトラール

 

・デュファストン

を主に使用しております。

 

その違いですが

ルトラールの方がデュファストンよりも強力です。

 

ルトラールは基礎体温もしっかりと上げますし

その強力な効果は患者様にもわかりやすいです。

 

ではデュファストンの良さは何かというと

胎児への安全性です。

 

ルトラールは抗アンドロゲン作用があるため

理論上は男児に尿道下裂を引き起こす可能性があります。

※実際報告された論文は私の知る限りありません。

 

デュファストンはその心配が無いため

妊娠中も安心して使用しやすいです。

 

そのため当院では妊娠判定が+になるまで

効果の強いルトラールを使用し

妊娠してからは安全なデュファストンを多めに使用しております。

※適宜注射も使います。注射は胎児に安全ですので妊娠後も使用します。

 

薬が途中で変わりますので、不思議に思われるときもあるかと思います。

薬の特性に合わせた理想的な投与方法を今後も検討していきます。

 

採卵のPPOS法におけるルトラールとデュファストンの使い分けはをこちら参照ください。

院長 菊池 卓