イノシトールはPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の方に有効です。タイミングの方へ

体外受精・妊娠中のイノシトールについては別記事を参照下さい。

 

 

下記の論文はPCOSの方がイノシトールを内服すると

・空腹時血糖値及びインスリンの改善

・排卵率の上昇

することを認めた論文です。

 

 

10件のRCTをまとめています。

患者数は全てPCOSの方で601名。

合計362人の女性がイノシトール(ミオイノシトールで257人、ジカイロイノシトールで105人)、

対照群の179人がプラセボ、60人がメトホルミンでした。

ミオイノシトールとジカイロイノシトールの性能の差はありません

 

・排卵率が2.3倍に改善

・月経不順が6.8倍改善

*PCOSの方は無月経になる方が多く、半年来ない方などもおられます。

しっかり排卵することにより月経=生理がくるようになっています。

 

・空腹時血糖及びインスリン値も有意に改善しております。

妊娠率及び流産率に対しては、対象が不十分であるため評価しておりません。

 

PCOSの方で人工授精を行う際にクロミッドやレトロゾールを内服しても

・卵胞が育たないもしくは

・強すぎて3個以上卵胞が発育して

キャンセルになってしまうこともしばしばあります。

 

体外受精でPCOSの方の卵胞を沢山育てることは難しくないです。

しかし、タイミングや人工授精で多胎防止のために1-2個に育てることは難しい時もあります。

 

ペンタイプの注射は高額のため使えず、クロミッドやレトロゾールを微調整するのですが、なかなか苦戦することもありました。

 

そんな中難しいPCOSの患者様にイノシトールを開始したところ、予定通りに卵胞が育つことが出てきております。

 

PCOSでなかなか予定通りに排卵できない方は、ぜひイノシトールをご検討下さい。

 

院長 菊池 卓

 

—–