当院のスクリーニング検査について。

『私は妊娠できる体ですか?』と初診の患者様に尋ねられます。

 

不妊症には原因不明のものも多くありますが、はっきりとした原因がわかることもあります。

そのため、まずは検査してみましょうとお伝えしています。

下記が不妊の原因をイラストにしたものです。

 

 

主な原因を検査していくのですが、注意点があります。

 

全ての検査が保険で行えるわけではありません。

 

現在不妊治療の保険適応の検討が進んでいますが、逆を言いますと現在は保険適応で無いものが多いです。

また健診目的で保険を使用することも、保険診療のルール違反になりますので出来ません。

保険と自費を同時に行うことも混合診療となり、全て自費になってしまいます。

※保険適応が可能である検査につきましては、保険で行わせていただきます。

詳細はこちらの記事を参照下さい。

 

そのため、今まで当院では保険適応のみの検査を希望される患者様には、自費の検査を行っていませんでした。

ただ、そうした患者様の『私は妊娠できる体ですか?』の問いに検査が不十分なまま、ご回答することもできず悩んでおりました。

 

・保険適応が無い抗精子抗体検査を行ったところ、強陽性であり顕微授精が必要であることがわかった患者様

・甲状腺や血小板などの値が悪く、妊娠前に専門病院での治療が必要であることがわかった患者様

などなど多くの患者様が検査を行い、治療が必要であることがわかっています。

 

初めて受診される患者様は、皆決死の覚悟で受診されていると感じております。

不妊治療専門クリニックのドアを開けるには勇気が必要です。

その期待に応えたいですし、1日でも早く妊娠して欲しいです。

そのためにはしっかりとした検査が必要です。

よろしくお願いいたします。

 

初診の女性の患者様はスクリーニング検査(自費21,780円)が必要となります。

*他院で同様の項目をされている方は免除させていただきます。

項目が足りない場合は当院のスクリーニング検査を全て行わせていただくことがあります。

ご了承ください。

 

男性の患者様は人工授精ないし体外受精をされる際に必要になります。

(自費8,580円)

*有効期限は男女ともに1年です。1年を過ぎましたら再度行わせていただきます。

 

スクリーニング検査の項目です。

詳細はリンク先の記事にあります。

・抗精子抗体検査

・卵巣予備能検査(AMH)

・風疹抗体検査

・甲状腺検査

・糖尿病検査

・感染症検査(HIV、B・C型肝炎)、梅毒

・肝機能、腎機能検査

・血球、貧血検査

・血液凝固能検査

 

不妊症の3大原因の検査と合わせて、スクリーニング検査でしっかりと原因の追及を行っていきます。

 

院長 菊池 卓