妊娠する前には甲状腺の検査をしましょう。

甲状腺はのどにある小さな臓器です。

小さな臓器ですが、代謝を活発にする(元気を出す)ホルモンを産生しており

とても重要な働きをしています。

 

バセドウ病や橋本病などは聞いたことがあるかと思います。

甲状腺の病気は若い女性によく起こります。

 

甲状腺の働きが良くないと

生理不順を引き起こし、妊娠しにくくします。

 

妊娠しても、流産や早産の危険性を上げます

胎児の発育にも関与しているため、子宮内胎児発育不全も引き起こします

 

そんな怖い甲状腺の病気ですが

医学の進歩と共に治療法も確立してきております。

そのため、妊娠前にしっかりと検査を行い

異常があればしっかりと治療していきましょう。

 

検査方法は採血のみです。

いつでも可能です。

 

下記は参考文献です。

 

 

 

院長 菊池 卓