抗精子抗体って何ですか?

今回は抗精子抗体の中の精子不動化抗体についてお話します。

結論からいいますと不妊症の女性の約3%に存在し

その値が高い(悪い)と体外受精が必要になります。

 

 

精子は上記イラストのように、腟→子宮→卵管と移動しながら卵管の先で卵子と受精します。

 

それが精子不動化抗体が+であると下記のイラストのように精子が子宮内に侵入できません。

 

 

元々、人間の体には免疫があり自分以外のものを排除しようとします。

精子は女性にはないものですので、排除の対象です。

ただ、そうすると妊娠できないため、免疫寛容による特別な仕組みで精子を迎え入れています。

この特別な仕組みが崩れると、抗体ができ精子を攻撃するようになります。

 

検査方法は採血で行えます。

(時期はいつでもできます。)

 

抗体が+であった場合の治療方法ですが、抗体を消すことはできません。

抗体があることにより精子が不動化するだけでなく、受精障害も引き起こします。

そのため、人工授精や体外受精(ふりかけ)、顕微授精などでできる限り精子と抗体が触れないようにしていきます。

 

治療方針ですが、抗体の値で変わります。

低い場合は人工授精から行います。

高い場合は体外受精(顕微授精)から行います。

*数値が高くても、体外受精(顕微授精)を行えば妊娠率は低い方と変わりません。

 

不妊治療において最も大切なものは『時間』です。

タイミング治療で何年も妊娠されない患者様が、実は抗精子抗体が強陽性だった。

あまりにもったいない話です。

初期の段階から抗精子抗体の検査を行い、できるだけ早い妊娠を目指しましょう。

 

院長 菊池 卓