ビタミンDで妊娠率アップを ~自然妊娠を目指す方へ~

ビタミンDは体外受精の方だけではなく、自然妊娠を目指している方にも効果があります。
そのことを書いたのがこちらの論文です。

 

 

健康で妊娠歴の無い18~ 39歳の女性132名とそのパートナーを対象にしています。
・ビタミン Dの推定平均必要摂取量 (EAR)である 10μg/日を満たしたかどうか

・血中ビタミンの濃度が適切なレベルにある 50nmol/l以上であるかどうか
を群分けして臨床的妊娠率と生児出産率を比較しています。

 

臨床妊娠率

ビタミンD摂取十分群 67.5%  不十分群 49.0% 

血中濃度十分群    64.3%   不十分群 38.9%

共に有意差あり。

生児生産率もビタミンD摂取量において十分群 59.0%  不十分群   40.0%で有意差を認めております。

 

 

上記が臨床妊娠率の調整後のオッズ比ですが、1日摂取量が十分であれば 2.26、また血中濃度が十分であれば 3.37で有意差を認めております。

 

ビタミンDで妊娠率アップを ~体外受精の方へ①~

ビタミンDで妊娠率アップを~体外受精の方へ②~

でも書きましたが、ビタミンDは

・検査が簡単(採血だけ)

・治療が簡単(サプリ飲むだけ)

・効果が高い

・副作用ほとんどなし(過剰になった方を見たことがありません)

と4拍子揃ったとても良い検査・治療です。

 

ステップアップを検討する前に、もしくは同時並行でもビタミンDの検査・治療を行って行くのをお勧めします。

具体的な治療方法は下記の記事を参照ください。

ビタミンDで妊娠率アップを  ~治療法~

 

院長 菊池 卓

 

—–