子宮内膜ポリープとは?~手術した方がいいですか~

ポリープという病気を聞いたことことがありますか?

胃や大腸などの様々な臓器にできますが、

子宮内膜ポリープは子宮内膜が増殖して突出したものです。

下記のイラストを参照下さい。

 


 

ポリープ=妊娠しないわけではありませんが、

妊娠できない原因の可能性もあります。

 

大きいと超音波でも見えますが、

小さいものは見えないこともあり、

その場合は子宮鏡がお勧めです。

 

切除をしたほうが良い大きさも様々な報告がありますが

当院では

・1cm以上かつ

・卵管の近くや子宮の中央などの着床に影響しそうな場合

切除を勧めます。

(1cm未満のものは25%が自然消失するとされており、様子を見ることにしています)。

ポリープを切除すると妊娠率が改善したとする報告は多く有ります。

 

下記の論文は人工授精前に内膜ポリープを切除したところ、

妊娠率を改善したとする論文です。

 

 

 

妊娠率:ポリープを切除群  63.4% 

                      非切除群  28.2%と

子宮内膜ポリープを切除する方が

有意に妊娠率が高くなった

と報告しております。

 

人工授精、体外受精どちらも費用もかかりますし、

うまく行かなかったときの悲しみも大きいです。

できるだけ妊娠できない原因を除去し、

治療の妊娠率を上げていくつもりです。

 

そして、子宮内膜ポリープは再発も多いです。

そのため切除後はできるだけ早い妊娠を目指し

積極的な治療をしていきましょう。

 

院長 菊池 卓

—–